総合 06.09 06.10 06.11 06.12 06.13

2007年06月06日

トランスコスモスや産経新聞ら3社、メタバース事業の新会社を設立

トランスコスモス、フロム・ソフトウェア、産業経済新聞社(産経新聞社)の3社は5日、インターネット上での3Dバーチャルコミュニティ(メタバース)事業を展開する「株式会社ココア(Co-Core)」を共同で設立したと発表した。同社では現実世界の東京を再現したメタバース「meet-me(α版)」を2007年内に開始する。

ココアが展開するmeet-meでは、3D空間として実際の東京の街並みを再現し、道路や住宅の区画などにカーナビと同等のデジタル地図を使用するとともに、主要なランドマークについては実在の建物を忠実にモデリングしたものをあらかじめ用意する。さらに、季節や天候、地価など日常生活を構成する要素を現実とシンクロさせることで、ユーザーにとって現実世界とmeet-meがオーバーラップするような世界観を提唱していくとしている。

meet-meでは、女性や子供を含む幅広いユーザー層に利用してもらうためとして、誹謗中傷表現や風俗関係の情報・表現など、公序良俗に反する行為は禁止し、こうした行為を排除するための仕組みを設ける。また、初心者でも楽しめるような仕掛けを提供するとともに、上級ユーザー向けにはプログラミングツール群を提供する。

サービスの開始予定時期は2007年冬で、対応するプラットフォームについてはWindows Vistaを想定。動作可能な具体的なスペックなどについては未定だが、現時点では「Windows Vistaが稼動するマシンであれば動作する」ことを想定しているという。また、携帯電話等のモバイルツールとの連携や、東京以外のエリアの提供、「観光客」としての海外ユーザーの参加を見込んだ日本語以外の言語版の提供なども予定している。

ビジネス面では、アニメ制作会社の株式会社ぴえろと株式会社プロダクション・アイジーの2社とのパートナーシップの提携を発表。2社の作品やキャラクターなどを、仮想空間内に登場させるといった取り組みを進める。 (一部引用)

ついに和製Second Lifeの登場といったところだろうか。本格的な仮想空間プロジェクトがもはや夢物語ではなく開始されようとしている。

日本人は外国から物を取り入れる時、つねに自国向けにアレンジする事を怠らなかった。今の西洋文化もそうだし、車や料理、服装に至るまで様々な改良を加えて取り込んできたのだ。

そしてこの仮想空間というものも例外ではなく、日本風のアレンジが加えられることになったというわけだ。こうして日本の仮想世界とコミュニケーションの進化というのはまた次の段階へ進んでいく。

ソース元URL
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2007/06/05/15944.html

posted by 八雲 at 21:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44021607
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。