総合 06.09 06.10 06.11 06.12 06.13

2007年06月07日

義足が与える人生 米国負傷兵士達



戦争はいかなる理由があれ決して肯定していいものではないと筆者は思うが、それでも戦争の為に負傷した兵士達を非難することをしたくはないし、彼らにも相応の保障があるべきだと思う。

ニュースにある義足というのもその負傷保障の一つで、技術的に進んだそれらは、義足自体を確認しなければ信じられないほどの動きを負傷兵士達に与えている。これは一昔前からすれば信じられない光景だろう。

この技術の進化が与えた彼らの人生、そのまま任務復帰するものもいればパラリンピックを目指すものもいる。だが、肉体の一部を失って、何かを得たはずの彼らが何を目指すとしても、筆者はエールを送るべきだと思う。


banner2.gif運営方針に賛同いただければクリックを!
posted by 八雲 at 12:12| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。