総合 06.09 06.10 06.11 06.12 06.13

2007年06月13日

男子は狙うもの トイレに「的」広告

男子は狙うもの トイレに「的」広告

虫剤メーカーのフマキラーは6月13日から、駅の男性用トイレの小便器を使った広告キャンペーンを展開する。「的があるとつい狙う」という男性心理の脆弱性を突き、広告効果に加えて環境美化意識の向上も期待している、という。(一部引用)

なんというか的確に心理をついた一石二鳥な策である。トイレに何か的があると、どうしても男子はそこに目がいきがちだし、そこを狙いたくなる。男子用トイレにある芳香用の変な ボールを狙った御仁も少なくないだろう。筆者もよく狙った。

これは人がリラックスした瞬間を狙った、罠のような巧妙な広告戦略である。


banner2.gif運営方針に賛同いただければクリックを!
posted by 八雲 at 19:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 面白商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月07日

ハローキティ仕様Lavie G 時代はデコPCか?

ハローキティ仕様Lavie G 時代はデコPCか?

NECとサンリオはノートPCのコラボレーションモデル「LaVie G ハローキティモデル」を発表した。ボディのベースとなるのはLaVie Lベーシックタイプだが、ローズピンクのカラーを採用し、天板にハローキティの装飾と“Hello Kitty”ロゴのレーザー刻印を施している。ハローキティの装飾は、CRYSTALLIZED - Swarovski Elementsのクリスタルガラスを19種類、合計299個も使った凝った作りだ。

 製品コンセプトは“豪華でキュート”と既存のLaVieシリーズとはかけ離れたもの。ボディは輝く宝石箱をイメージしたもので、大切な思い出の写真などをしまってほしいという願いが込められているという。サンリオのキャラクターやスワロフスキーのクリスタルガラスによるデコレーションが好きな女性層を狙い打ちする製品というわけだ。ここでは写真でLaVie G ハローキティモデルを紹介する。(一部引用)

品物の実物はソース元でご覧になって欲しいのだが、なんというか凄い代物である。全面にクリスタルガラスを使用した装飾がちりばめられ、キティやハートなどがあしらわれている。そして全体的にピンク色で統一されているボディはいかにも女性好きしそうだ。もはやこれはデコ携帯ならぬデコPCと言った風情である。ツールと言うよりはインテリアという意識なのかもしれない。

また外側だけでなく内部のスクリーンセイバーもキティ仕様などその辺も抜かりないようだ。こういったPCが一体どんな市場を開拓していくのかまだはっきりとしたことはいえないだろうが、面白い試みであることだけは間違いない。

ソース元URL
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0706/06/news110.html


banner2.gif運営方針に賛同いただければクリックを!
posted by 八雲 at 14:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 面白商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月04日

メイクしながらオスカル気分 『ベルバラ』マスカラ大人気

池田理代子さんのマンガ「ベルサイユのばら」の登場人物をイメージしたマスカラが大人気だ。発売元のクレアボーテによると、年間10万本売れればヒットとされるマスカラだが、2007年4月下旬の発売からの1ヶ月間でなんと15万本売れ、一時期は品切れ状態になった。なぜこんなに売れているのか。

「真実の愛を貫くため」がキャッチフレーズ

「ベルばら」マスカラが大人気 人気のマスカラは「オスカルマスカラ」と「マリー・アントワネットマスカラ」。パッケージには「ベルサイユのばら」の文字とそれぞれの登場人物の顔が描かれている。価格はそれぞれ税込みで1,575円。全国のバラエティショップ、ドラッグストア、GMS、一部百貨店で07年4月下旬に販売した。宣伝を殆どしないにもかかわらず、当初から売れまくったというのだ。

これまでも同社はパッケージに商品のイメージに合ったイラストを付けていたが、「今度はインパクトのある人物でやりたい」(同社広報)ということで、池田さんと交渉。許可を得たのだという。

「オスカルマスカラ」のキャッチフレーズは「真実の愛を貫くため。憂いの艶やかロング」。メイクをしながらオスカル気分を味わう。「マリー・アントワネットマスカラ」のキャッチフレーズは「全ては煌く愛のため。魅惑の華やかボリューム」で、メイクをしながらプリンスセス気分に浸れるなど、「ベルばら」ファンにとってはたまらない商品のようなのだ。(一部引用)

ベルサイユの薔薇は昔テレビ東京でやっているのを見てよくもわからず見ていたものだが、当然と言うか女性に人気のあるアニメらしい。そもそも男装の麗人という設定は女性の好む所なのかもしれない。宝塚の人気を見ても、その盛況ぶりはただならぬものがある。

そういったアニメを商品のイメージキャラクターとして使用することの重要な部分はやはり購買層との一致と、商品自体のコンセプトとの合致だろう。子供たちが主に食べるから魚肉ソーセージには子供たちのヒーローが使われるわけだし、パチンコのキャラクターはやはりパチンコをやる年代向けのアニメやマンガが近頃盛況である。それを上手く取り合わせることでこの記事のように想像以上の効果を与える事もできる。ただし、商業的に用いる以上著作権関連の認可は必須なのでそれだけは注意したい所だ。

ソース元URL
http://www.j-cast.com/2007/06/03008093.html


banner2.gif運営方針に賛同いただければクリックを!

posted by 八雲 at 17:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 面白商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。